江戸時代に、大久保忠教(おおくぼただたか。通称 彦左衛門)により著された本。 徳川氏と大久保氏の歴史や、大久保氏の功績について書かれた本。