松平信定(まつだいらのぶさだ)・内膳

松平長親の次男。

どうも長親(父)に愛されていたようで、兄が暗愚であったのもあり、父がなにも言ってこないのもあって、なにかにつけて安祥松平家の当主の座を狙っていました。

そのため、清康、広忠の代に渡って家中が混乱することになります。