6代:松平信忠(まつだいらのぶただ)

暗愚とされ、家臣の心どころか、一族の心さえもこの人から離れてしまい、半ば押し込められるようにして隠居した人。

そのため、弟の内膳が安祥松平家の家督を狙うことにより、以後、孫の代にまで渡って家中は混乱します。

三河物語では、自ら自分の不徳をなげき、隠居したとされています。