松平清康

清康は、家康の祖父にあたる人です。

清康の代に安祥松平家は勢力を拡大。

本拠地を安祥から岡崎へと移します。

家康は清康を尊敬していたらしく、家康の「康」は、清康から1文字とったものだとも伝わります。

家督相続で叔父、内膳と対立。

この対立が、子の広忠の代にまで影響を及ぼすことになります。