清康の祖父、三男の信定をかわいがる

清康の家督相続
清康の家督相続1

長親には、長男・信忠(のぶただ)、次男・親盛(ちかもり)、三男・信定、四男・利春(としはる)、五男・利長(としなが)の男の子がいました。 長親は三河の英雄ではありますが、晩年は、孫の清康も絡む相続問題が発生します。 この・・・

清康の家督相続イントロダクション

清康の家督相続
清康の家督相続サムネ

あらすじ 父、信忠が無能だったため、家臣たちに更迭されるような形で隠居することに。 当主の座が空くも、その座を狙う叔父、内膳。 嫡男である清康は、はたして無事、松平家を継ぐことができるのか?   イントロダクシ・・・

松平信忠(まつだいらのぶただ)

人物紹介
6代:松平信忠(まつだいらのぶただ)

暗愚とされ、家臣の心どころか、一族の心さえもこの人から離れてしまい、半ば押し込められるようにして隠居した人。 そのため、弟の内膳が安祥松平家の家督を狙うことにより、以後、孫の代にまで渡って家中は混乱します。 三河物語では・・・

松平信定(まつだいらのぶさだ)・内膳

人物紹介
松平信定(まつだいらのぶさだ)・内膳

松平長親の次男。 どうも長親(父)に愛されていたようで、兄が暗愚であったのもあり、父がなにも言ってこないのもあって、なにかにつけて安祥松平家の当主の座を狙っていました。 そのため、清康、広忠の代に渡って家中が混乱すること・・・

ページの先頭へ